7月11

中古枕木の等級

中古枕木は鉄道会社で10~15年使用された枕木。
中古枕木は、中古なので当然傷みがある。
傷みの状態によって、等級づけされている。
国産では、特A、A、B-A、B、B-Bというように販売され、価格が異なる。

最近では、鉄道ではコンクリート枕木に変わり、中古枕木が市場に出てくる量が減っている。

中古枕木の傷み具合 判別方法
これは、雑誌に掲載されていた方法。
金属の棒で枕木を叩いてみて、響きのない高い音が出たら良くない状態。
また、重さも他の枕木と比べて、軽い場合は腐食が進んでいる可能性がある。

Tags: ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply