10月19

シックハウス症候群と規制されている薬品

シックハウス症候群は、建築物で使われる建材や家具の塗料、接着剤などから発散する化学物質が原因となる。
症状としては、目がチカチカする。吐き気がとまらない。などがある。

合板には、接着剤が使用される。
また、木材には、不朽防止、害虫防除のために薬が塗布される。
これらの中には、人体に悪影響を与えるものが含まれていることもありる。

現在、シックハウス症候群の原因として規制されている

  • クロルピリホス
  • ホルムアルデヒド

クロルピリホスは、一切使用が禁止されている。
かつては、シロアリ駆除材として基礎部分に塗布して、使用されていた。
症状は、めまい、吐き気、視力低下など

ホルムアルデヒドについては、室内の濃度が一定以下の値になるように制限されている。
住宅の仕上げ材や下地材、接着剤に使用される、
症状は、皮膚障害、めまい、頭痛など

Tags:

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply