4月02

札幌市手稲区は地盤弱い・・・

今日手稲区の土地を見てきた。
いいなぁと思ったところがあったので手稲区の地盤のことを検索してみた。
検索した結果↓↓

一般的に手稲区の地盤は悪い。
JR函館線より北側の地層は泥炭地帯で10~20メートルの深さまで泥炭が堆積して、地耐力はほぼ0です。
一般的な住宅で杭は約40~50本が必要となります。
(鈴木しんいち設計室)

手稲区は地盤が弱い。
軟弱な粘土層・泥炭層で構成されていることが多い。

粘土層の特長について

  • 粒子の表面積が大きく、吸着力の影響を受け、粒子と粒子が固く結びついている。
  • 体積あたりの隙間が多いため、隙間に水がたまる。が水は通しにくい。
  • 力が加わっても粒子間の水が抜け去らないと粒子がずれないので、体積の減少しにくい。
  • 粒子間の水が逃げ出すのに時間がかかるので、沈下に時間がかかる(圧密沈下)

(北海道建築士会 札幌支部青年委員)
この記事から。

札幌は地盤がしっかりしているところは少ない。
とは聞いていたけど、手稲区も弱いんですね。

Tags: , ,

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply