10月13

プレハブ工法とは メリット・デメリット

プレハブとは、英語で「Prefabricated House」。
事前に工場で規格生産された部材を用いて建築現場で組み立てる工法。
プレハブ工法では、木造だけでなくコンクリート系、鉄筋系がある。

メリット

  • 事前に規格生産された部材を使うので、加工する必要がない。
  • 職人の技術に比較的左右されづらい。
  • 既製の材料を用いるため工期が短くできる。

デメリット

  • 在来工法と比べて、設計の自由度が低い。
  • 既製の材料を使うため、材質選択の自由度が低い。

Tags:

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply