10月17

ベタ基礎とは

ベタ基礎とは、直接基礎のひとつで、建物の底面全体を板状(スラブ状)の基礎としたもの。
布基礎よりも広い面積で建物の重さを地盤に伝えることができる。
ある程度、軟弱な地盤にも作ることができるが、建物全体の沈下には注意が必要。
現在は、ベタ基礎が主流になってきている。

ベタ基礎

ベタ基礎

地面をコンクリート面で覆うことで、地面からの湿気や木造住宅の大敵であるシロアリの進入を防ぐなど防湿、防蟻にも効果的。
主に地耐力が3t/㎡以上の土地に用いられる。

地下室を作る場合は、ベタ基礎が多く用いられる。

Tags:

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

2 Responses to “ベタ基礎とは”

Leave a Reply