10月17

杭基礎とは

杭基礎は、基礎の下に杭を設ける広報。
地盤が軟弱で直接基礎(布基礎ベタ基礎など)に適さない場合に用いる。
支持基盤で荷重を受ける支持杭と、杭周辺基盤の摩擦抵抗を利用する摩擦杭の2種類の工法がある。

杭には、水に強い松杭などの木杭を複数打設する基礎がある。
現在でも住宅に松杭を使用した基礎が使われている。
コンクリート杭、鋼管杭なども使われる。
コンクリート杭は工場などで作られたPC杭などを回転圧入やハンマーで打ち込む既製コンクリート杭と、あらかじめ掘削したボーリング孔にコンクリートを流し込む場所打ちコンクリート杭に分かれる。

杭基礎 杭

地盤によって杭が打ち込まれる深さが決まる。
当然、杭を深く打つほど、杭の本数が多いほど、高額になる。

Tags:

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply