10月10

ハウスメーカーと工務店 メリット・デメリット

ハウスメーカーのメリット・デメリット

メリット

  • 品質が安定
  • 比較的短期間で完成する。
  • 建築確認や登記などの手続きノウハウが豊富
  • 建材を一括で大量購入しているため安く抑えることができる。
  • モデルハウスなどが充実しているため、実物の確認がしやすい。
  • 知名度が高い。

デメリット

  • 注文住宅でも、規格外の注文に対応しにくい。
  • アフターケアに問題があることも。。。
  • 広告宣伝費、展示場の建築費用、営業などの経費が莫大にかかっている。(住宅価格に反映される。)
    大量仕入れで建材を安く仕入れることができるのは、裏返せば、大量に住宅の受注をしなくてはいけないということ。
    たくさん受注をうけるには、大がかりな広告宣伝が必要になる。
  • 住宅メーカーに建築を依頼しても、実際に現場で仕事をするのは下請け、孫請けの工務店の場合がある。

工務店のメリット・デメリット

メリット

  • 注文住宅に柔軟な対応に応じやすい。
  • アフターケアが充実している。
  • 同じ価格であれば、工務店の方ハウスメーカーと比較して品質が高いことが多い。

デメリット

  • 工務店は、ハウスメーカーと比較して規模が小さいため、いつの間にか倒産していた。ということも・・・
  • 工務店によって、技術にばらつきがある。

私の読んだ書籍ではこんな感じで紹介されていました。
工務店よりの意見な気もしますが。
また、ハウスメーカーも工務店も会社によって、かなり幅があるように思います。

個人的には、大手ハウスメーカーさんは、建てる住宅も多いので、100のうちの1人だろうけど、工務店であれば10のうちの1人。
大切に扱ってくれそうなのは、工務店のような気がしています。
といっても、対応してくれる人と性格が合うか合わないかもあります。

信頼できるハウスメーカー・工務店と巡り合えたら、良いですが・・・
合わない会社だったら大変かも。。。
信頼できる会社と出会えるかどうかが、一番難しいかも。

もし、手抜き工事が心配なら。
建築設計事務所に設計を依頼して、工務店に建ててもらうと、施工、監理・設計を分化することができる。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply